車検が切れてしまったときにどのように対処するか

車検切れは罰金などの負担がある

車検が迫っていてもまだ期限があるから大丈夫と思っている人の中には車検の期限を逃してしまい、とうとう車検を通すことが出来なかった人もいます。また、車庫で何ヶ月も何年も乗らずに車検が切れたけども、車検に通してもう一度乗りたいと考える人もいます。いずれの場合も、車検が切れてしまえばそのまま公道を走ることは出来ず、もし公道を走れば30万円以上の罰金や懲役刑が課されるだけで無く、免許の点数も6年マイナスになりますね。

車検が切れたときにはどうするか

車検が切れた場合は、公道を走ることができませんが、例外的に公道を走ることが出来ます。それは、仮ナンバーを取得する場合です。仮ナンバーを取得することで公道を走っても警察に捕まることはありません。仮ナンバーを取得する場合には。まず運輸支局に行ってから自賠責を取得することが必要になります。自賠責を取得したら、役所で仮ナンバーを発行してもらい、それを車に取り付ければ完了と言うことになります。陸運局は平日しか空いてませんので注意が必要です。

仮ナンバーを取得しない場合

仮ナンバーを取得しない場合には、公道を走ることは出来ません。そこで、トラックを手配して陸運局まで運んでもらう方法があります。この時、トラックに乗せるため多少公道を走らせることがあります。この行為は違反と思われがちですが、多少の区間の走行は特に問題ありません。そもそも公道を走らないとトラックに乗せることが出来ないため、例外的に許されます。このように、車検が切れてもそれで終わりでは無く、2つの方法で新たに車検を受けることが出来ます。

1日車検を利用すれば、その日のうちに検査を終えることができるので非常に有用です。朝納車をすれば夕方には終わるため、大人気となっています。