知っておこう!車検費用に含まれている細かな内訳について

まずは、法定費用について

車検費用は、細かに見ていくと様々な内訳があるのはご存知ですか?まずは、『法定費用』です。これは、自動車重量税・自賠責保険料・印紙税の3つを総称して、『法定費用』と呼ばれています。この3つに関しては、自動車の重量や排気量別に国が金額を定めているものになりますので、どの店舗で車検を受けても料金の変動はありません。ゆえに、車検費用を安く済ませたくても、この費用を節約することはできません。また、この『法定費用』は、店舗によっては『諸費用』と表現していることもありますね。

基本料や代行手数料について

次に『基本料』と呼ばれるものです。これは、業者の儲け分にあたるところですので、店舗によって料金は様々です。ゆえに、事前調査と交渉次第で節約は可能になります。基本料に整備費用が含まれる店舗や、基本料を安めに設定していて、整備料は別に徴収するといったいろんなタイプがありますので、必ず事前に確認しておくことが必要になってきます。また、『代行手数料』については、自社に国が認可した車検工場を持っているか否かで料金が発生するかどうかが決まります。ガソリンスタンド等、車検工場が店舗にない場合で車検を受ける場合は、必要な費用になるのです。

整備・部品交換などのメンテナンス費用について

こちらも節約可能な費用にあたります。車検を通すことだけを目的としていて、車検に関係のない部分はそのままでいいと考えるのであれば、当然検査基準に入っていない整備は不必要になります。例えるのであれば、タイヤです。タイヤの溝の深さの残量は車検の検査項目に含まれますが、溝が少なくなってきていても基準内であればそのタイミングで交換する必要はないのです。それを交換するか否かで費用は大幅に変わりますよね。ゆえに、より安く車検を済ませたいのであれば、そのあたりにも着目しておく必要があると言えますね。

車検は場合によって10万円以上の費用が掛かってしまうことが多く、家計の負担になってしまうことも少なくありません。高額になり勝ちな車検の費用を抑えるには、安い料金で車検が行える店舗を探すことになります。